二浪之愚記

浪人の末に全落ち。高卒労働者の随想。

高卒が学歴不要論について語ってみた

現代社会は実力主義!学歴なんて必要ない!

そういった論を展開するインフルエンサーが量産されて久しい世の中である。

結論を先に申し上げると、それは理論上、紛れもなく正しい。生命維持に必要な最低限の生活費を稼ぐだけなら、fラン卒だろうが中卒だろうが何ら問題はない。健康な肉体と精神さえあれば手取り十万程度は簡単に稼げるし、何かしらの事情で仕事ができず、扶養者が見つからない場合には生活保護が受けられる。

餓死と凍死をギリギリ回避できる程度だけ稼ぎ、あとは資産形成も高等教育も娯楽も諦め、孤独と虚無をひたすら耐え抜く人生。これを必要最低ラインと定義し、かつそのライフスタイルが本人にとって実践可能なのであるなら、学歴など全く不要である。

さらに言えば、こんな極論を語らずとも立派にスキルを身につけ資本主義社会を渡り歩く低学歴の人間も一定数存在している。

これらのことを考慮すれば、手放しに学歴が必要であると断ずる根拠は極めて希薄と言わざるを得ないだろう。

しかし、皆にとって学歴が不要であるかというと、実際の話はそんなに単純なものではない。現代の日本社会に生きる多くの人間にとって、上記のような机上の理論が人生の実態に則しているとは限らない。多くの人は娯楽や教養を欲しているし、高い生活水準を得て家族を持つことに生き甲斐を覚える人も少なくない。そして、それらを実現する為に学歴を要する人が数多く存在している。

ではなぜ、学歴不要論を他人に対して声高々に叫ぶ人間がこれほど涌いて出るのか。私が思うに、こうなる人は4つに分類が可能で、具体的に示すと以下の通りである。

①自身の成功事例が万人に通用すると思い込んでいる低学歴の勝ち組

②低学歴の弱者に都合の良いことを吹聴して利益を得ようと企図するエリート

③高学歴の一般的な生活水準を贅沢だと思っている、無自覚の禁欲主義者

④自分はいつか成功すると信じ込んでいる低学歴弱者

言うまでもないが、我々のような低学歴弱者が上に挙げた人々の学歴不要論を真に受けると、取り返しのつかない後悔を生む危険性がある。

先程述べたように、学歴不要論はある意味で正しい。だからこそ、本当に自分にとって学歴が必要が不必要かを個別的に考えて決定することが重要なのである。

もちろんそういった熟慮の結果、自分の人生に学歴は不要であるという結論に至るケースも十分あり得る。しかしそれは個人レベルでの結論であるから、過度に一般化すると他人を傷つけるリスクを孕むということを念頭に入れておきたい所である。

 

話は変わるが、学歴不要論者と対極をなす学歴至上主義者というのも一定数存在している。こちらに関しても、個人レベルで正しい場合はあるが、一般化するのは危険というのが妥当な結論だろう。

学歴至上主義者は学歴不要論者のパターン①を反転したような傾向を持つ場合が多い。自分は努力によって学歴を獲得しており、それは万人にとって可能であるから、学歴のない人間は努力不足のクズであるという理論を展開しがちなのである。

生まれながらのエリートであるが故に、環境に恵まれない人間や学歴が無くても幸せになれる人間への想像力が欠如しているのかもしれない。これはこれで困ったものである。

 

これまでの話をまとめると、学歴不要論も学歴至上主義も他人に押し付けるには一般性の欠けるポジショントークになりがちということである。学歴は個人の自己実現の過程において必要だったり不必要だったりする訳だから、他人にゴチャゴチャと口出しするものではない。