二浪之愚記

大学に行きたいんですが

【人生終了】浪人からフリーターに転落した私の末路

 

最近の私はよく働いている。つい数カ月前までは浪人という名の無為徒食としてノンビリと暮らしていたというのに、そのような日常は見る影もない。早朝から携帯電話の暴力的なアラーム音に叩き起こされ、体に疲労を感じながら渋々労働現場へと向かうのがデフォルトと化している。自宅に引きこもってインターネットの海を朝から晩まで彷徨い続けていた浪人時代とはえらい違いである。

昔からそうなのだが、私は成果が確実かつ短期的に現れる対象にしか努力をしようという気になれない。労働は出来ても勉強はできない一番の理由はこれである。ロングスパンで物事を考えられない。すなわち私の中には長期的な努力や自己投資という概念が存在していないのである。


大学受験は勉強すれば誰でも確実に報われるという性質のものではないし、そのうえ長期的な努力を要する。それに比べて現在従事している労働は一日働きさえすれば確実に日当を獲得できるという極めてシンプルな構造をしている。
受かるかどうかも分からない大学の入試対策をすることに比べれば現在の方が精神的にストレスフリーというわけだ。

それで、こんな思考癖を持った人間がどのような人生を送るのかというと、これは想像に難くない。
自分の生活を維持するためだけに目先の小銭を求めて何十年と同一時給で労働を続け、最後にとてつもない後悔を背負って死ぬのである。
私としてはそのような人生は避けたいのだが、自分の人間性を鑑みるとこの末路は不可避のように思える。

かくの如き無限ループから抜け出す方法は頭では分かっている。労働収入を得ることと並行して自己投資を行うことだ。それが資格の取得や大学受験なのか他の収入源の構築なのかは不明だが、とにかく労働以外に何か行動を起こさなければならない。
しかし頭で分かっていることと実行可能であることには大きな隔たりがある。高校生レベルのお勉強すらできなかった私が労働と並行して自己投資を継続するなど不可能に近いと言ってよい。

やはり落ちるところまで落ちると這い上がるのは大変だな、なんてことを思いつつ、今日も私は思考停止で日当を稼ぐのである。