二浪之愚記

大学に行きたいんですが

【圧倒的英語弱者】慶應義塾大学文学部の得点開示が届きました【懺悔】

慶應義塾大学文学部の得点開示がようやく届いた。惨敗である。

英語 60/150 
日本史 54/100
小論文 75/100
合計189/350 (合格最低点-39点)

f:id:yanagita920blog:20180606190254j:plain

f:id:yanagita920blog:20180606190343j:plain

英語の点数を見て絶句した。記述形式の英語には自信があったし、受験した当時もそこそこ手ごたえを感じていたのだが、蓋を開けてみれば英語が一番悪い。
何が原因でこんなに悪くなったのか。記号問題は全て合っていたから、記述で相当落としているはずである。配点の高そうな要約問題が解けなかったことが敗因だろうか。
慶應文学部の英語は問題数が10問程度で、配点のほとんどが記述・論述である。
したがって一問ミスをしただけで相当な点数が削られてしまう。和訳、英訳、要約問題の対策をもっとしっかりしておけばよかった。

日本史は自称得意科目だったのだが、年号や数値を覚えきっておらず、記号問題で大幅に点を失うことになった。記述問題に関しては、漢字の書けない用語が数個あって悔しかった。相変わらず戦後史と近代文学史の知識が欠落している点は早くなんとかしたい。
しばらくは東進の一問一答で細かい知識を見直していく予定である。

小論文は出来が良い。平均得点率55%に対し、私の得点率は75%である。
今回は私が日頃から思い悩んでいる「自由意志」についての論題だった為、比較的楽に解答を作成できた。自由意志に関する書籍はいくつか読んでいたので、その内容をコピペしたようなものである。やはり小論文は運ゲーだ。
したがって来年また同じ点数を取る自信は全くない。やはり英語と日本史で稼ぐ必要がある。

 


ちなみにもう一つ受けた私立大学がある。同志社大学文学部文化史学科である。

英語 151/200
日本史 114/150
国語 91/150
合計 356/500 (合格最低点-12点)

f:id:yanagita920blog:20180606190436j:plain

慶應文とは対称的に英語と日本史がよく、国語が悪い。

 

結論を言うと全科目安定感が無いのである。形式によって得点が大幅に変動するようでは真の実力とは言いえない。

一年間という猶予がありながら三教科ですら満足に習得できないというのは恥ずかしいことだ。要領が悪いのに私文専願から国文志望に変えたのが悪手だったのかもしれない。しかし今更数学・世界史・理科を捨てて私文専願に戻るという気は起きない。引くに引けない状態になってしまった。

来年は一校でいいから合格したい。そうでなければ頭がおかしくなりそうだ。