二浪之愚記

二浪ニート→三浪警備員→四浪期間工(いまここ)

工場の派遣労働を契約期間の途中で辞めた男

タイトルの通り、派遣社員として従事していた仕事があまりにも辛過ぎて、契約期間を満了するより先に逃げ出した話である。 高卒でまともな職歴もなく、そもそもやりたい仕事など一つもなかった私は、自分でも採用されそうな仕事の中から適当に給料の高いもの…

【penspinning】浪人生がペン回しの魅力を紹介してみた【JEB】

私がペン回しの奥深さを知ったのは浪人初期の頃である。どうやらペン回しには「浪人回し」なる別称(蔑称)があるようだが、私ほど浪人回しの名を体現してきた人間は、古今東西探しても相当稀有であろう。コンティニュアス浪人4回なんて尋常な人間のする芸…

【多浪的思考回路】不勉強な浪人依存者の生き方

これまでの浪人期間を振り返ってみても、ろくに勉強をしていた記憶がない。浪人ともニートとも社会人とも明言できぬ中途半端な存在として、フラフラとこの世を彷徨い続けてきた。そして気が付けば21歳。有り体に言えば四浪の歳である。やはりどう考えても、…

仕事をやめてブログで金を稼ぎたい高卒派遣労働者の話

最近、本格的にブログで金を稼ぎたいと思うのである。 このように思うのは、派遣社員を辞め、経済的価値を自力で生産し、恒常的な利潤を得られるようにしなければ、私の人生は近いうちに破綻するだろうと確信したからである。 労働力を毎時換金して生きてゆ…

人生の全てがどうでもよくなりつつある高卒底辺派遣労働者の心境

派遣で工場勤めを始めてからというもの、やけに「死」という概念が脳裏をよぎる。 幸福になる為に努力することを放棄し、自分以外に守るべき存在を持たない大人は、何を目的に生きればよいのか。自分一人がギリギリ死なない程度の給料を稼ぎながら、ただ時が…

21歳ニート、派遣社員として工場勤務に就くも仕事内容が嫌すぎて契約更新拒否を決意

前回の記事 www.yanagita920.work かねてより登録していた派遣会社から連絡があった。私が志願していた仕事の採用結果を伝えに来たのである。面接の翌日には採用結果を報告すると聞いていたのだが、これは面接が終わってから音沙汰無しのまま五日ほど経過し…

三浪らしき者による生存報告とセンター試験の結果について

センター試験が終わって日が経つが、なかなかブログを書けないでいた。というより、試験に関してはもはや書くべきことが無いのである。受験を名目に労働から逃げてきたはいいが、当然勉強など出来るわけもなく、私立・国立共に諦め、時が過ぎるのを待つだけ…

三浪、仕事を辞めるも勉強に専念できず、開き直る

仕事を辞めて一週間が経った。いざ無職になるとこの膨大な閑暇をどう扱ってよいのか分からない。 時間さえ有れば試験勉強にフルコミットできるだろうと考えるのは早計である。今は何事にも全くやる気が起きず、僅かに残る貯金を酒に溶かしながら延々と愚痴を…

高卒フリーター、三浪を決意。

当ブログは二浪之愚記などと銘打っているが、筆者は三浪である。どういうことか。 このブログは私が二浪を開始するのに際して開設された。二浪之愚記というタイトルもその時に決められたものである。ところが当時の私もまさか自分が三浪へと駒を進めてブログ…

【人生終了】浪人からフリーターに転落した私の末路

最近の私はよく働いている。つい数カ月前までは浪人という名のニートとしてノンビリと暮らしていたというのに、そのような日常は見る影もない。早朝から携帯電話の暴力的なアラーム音に叩き起こされ、体に疲労を感じながら渋々労働現場へと向かうのがデフォ…

【2019年センター試験得点開示】これが下層浪人生の現実です。

さて、今更だがセンター試験の得点開示が届いたので掲載する。 二浪もしてこれほど酷い点数を取る受験生はそうそう見られるものではない。しかし、実際はこのくらいの点数が一番生々しく浪人の闇を反映していると言えるだろう。ツイッターやブログでセンター…

【早期治療】突発性難聴になった話【耳鳴り・難聴】

こんにちはyanagita920です。 私事ですが「突発性難聴」という原因不明の疾患にかかり、一週間ほど入院しておりました。退院した現在でも左耳の聴力は完全には回復しておらず、後遺症の耳鳴りが続いています。今回の記事は突発性難聴を患った当事者として、…

大学全落ち20歳高卒無職、ブログを書く

ブログを始めて一年が経った。 開設当初は受験勉強の進捗を記録する媒体として利用する予定だったのだが、勉強そっちのけで指定校推薦を批判したり稚拙な浪人哲学をだらだらと書き連ねたりしているうちに、当ブログは本来の目的を遥かに逸脱した闇の深いコン…

【二浪した結果】私立文系全落ちした

私大の合否が全て出揃った。 慶應義塾大学 文学部 不合格上智大学 文学部 不合格同志社大学 文学部 不合格 同志社のみ合格発表時に得点開示を行っている。英語(131/200) 国語(107/150) 日本史(116/150) 合計(354/500)※合格最低点は(362/500) これに…

勉強から逃げ続けた二浪がセンター直前になって思うことなど

久しぶりに記事を書く。支離滅裂なことを書いているかもしれないのでご注意を。 ブログの更新が途絶えてからの数カ月間も、私は自堕落な生活を続けていた。 大学受験を半ば諦めたかのように勉強から遠ざかり、突発的に大学への未練を想い出すとおもむろに参…

【圧倒的英語弱者】慶應義塾大学文学部の得点開示が届きました【懺悔】

慶應義塾大学文学部の得点開示がようやく届いた。惨敗である。 英語 60/150 日本史 54/100小論文 75/100合計189/350 (合格最低点-39点) 英語の点数を見て絶句した。記述形式の英語には自信があったし、受験した当時もそこそこ手ごたえを感じていたの…

【絶望した】第一回全統マーク模試を受けた結果【反省・言い訳】

第一回全統マーク模試(5月6日受験)自己採点 日本史 83/100世界史 90/100英語 152/200リスニング 30/50国語 110/200数学ⅠA 71/100数学ⅡB 36/100理科基礎 82/100 本当にこれが二浪の成績かと問いたくなる有様である。以下で英語、国語、数学ⅡBに絞って、言い訳…

友達も彼女もいない宅浪は「孤独」をどのように捉えているか

京都木屋町の路地裏にある行きつけのラーメン屋へ向かう道中、三条大橋から鴨川の河川敷を見下ろすと、土手に腰をかけて睦言を交わす幾組ものカップルが目に入る。川に沿ってカップルが等間隔に並んでいることから「鴨川等間隔の法則」なる言葉が生まれたと…

【深夜0時間まで営業】京都の私設図書館で勉強しよう【格安】

私設図書館は京都白川の一角に佇む私営の図書館である。一般的な図書館とは少し違う、面白いコンセプトの図書館なので紹介させて頂こうと思う。 私設図書館の特筆すべきは、「いかに集中しやすい環境を提供するか」に主眼を置いているということだ。 館内の…

【大回り乗車】200円以下で10時間以上勉強できるコスパ最強の勉強場所【電車内学習】

自宅浪人の行動範囲たるや驚きの狭さである。 浪人生活はただでさえ代わり映えしないものだが、その上自宅に籠りっきりというのはなかなかツライものだ。引きこもりの才能がある場合は別だが、私のような凡人は時々遠くに出かけて気分転換を図らないと気が持…

【愚痴】私大の指定校推薦制度は考え直した方がいいだろ【嫉妬】

今回は指定校推薦に関する私の体験と考えを述べる。 大事なことなので最初に断りを入れるが、この記事は指定校推薦によって大学に合格された方を中傷する意図で書かれたものではない。公的に認められた受験制度を利用して大学に合格した人を非難する資格は誰…

【儲かるから?】底辺浪人がブログを書く理由とは

今回はこのブログの運営目的と方針について書くことにする。 読者諸賢が最も関心を示されるのは収益のことであろう。はたして浪人生が書くブログは稼げるのか。 結論を言うと、「アドセンス広告を貼れば収益は僅かに生じるが、時給アルバイトの方が何倍も効…

「難関大のための上級問題特訓リーディング」が解き終わりました

この参考書を買ったのはたしか去年の11月頃だったと思う。買った当初は毎日一題ずつ解いて一か月で終わらせる予定だったが、結局終わったのは今年の三月であった。自分のクズっぷりに辟易する。 だらだらと時間をかけてやることになってしまったが、この参考…

学歴コンプレックスに対する的外れな意見について

学歴コンプレックス患者に対して「学歴なんて社会に出てからは大して役に立たない。それよりも人間性やコミュニケーション能力の方が重要!」というようなことを言う人がいる。私はこの発言が的外れに思えて仕方がない。このような発言をする人は、この発言…

私が二浪する理由

浪人生活を続けていると、途中で一つの疑問に直面する。それはすなわち、自分が多浪してまで大学に行くことに、はたして意義があるのだろうかということである。このような疑問を抱くのは、受験勉強から逃避したいという欲望のあらわれに過ぎないのかもしれ…

自宅浪人に失敗した男の言い訳

*受験結果センター試験自己採点 610点(現役時491点)同志社大学文学部文化史学科 不合格(合格最低点 -12点)慶應義塾大学文学部 不合格(点数開示は数カ月先になる模様) 浪人生活の総評 この一年は苦悩の連続であった。単に学習内容が理解できなくて苦悩しただ…